中部電力|電源の多様な組み合わせ - エネルギーと原子力
HOME>エネルギーと原子力>電源の多様な組み合わせ

エネルギーと原子力

電源の多様な組み合わせ

多様な電源をバランスよく組み合わせて活用することが大切です。

日本はオイルショックの経験をふまえ、電源の多様化を進めてきました。

日本は、かつて水力発電が中心でしたが、豊富で安い石油の出現により1970年頃には、全発電量の6割以上を石油火力発電が占めるようになりました。
しかし、1970年代の2度にわたるオイルショックを教訓に、石油の依存度を下げ、天然ガスや石炭、原子力による発電など電源の多様化を進めてきました。こうした取り組みにより、多様な電源を組み合わせて、さまざまなリスクに対して柔軟に対応できるバランスのよい電源構成を築き上げてきました。
2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、全国的な原子力発電所の運転停止により、海外から輸入する化石燃料に約9割を依存している状態にあります。
今後もエネルギーセキュリティーや環境面、経済性などの観点から、特定の電源に頼ることなく、多様な電源を柔軟に組み合わせることで、安定的に電気をお届けすることが重要です。

電源構成の推移 出典:電気事業連合会原子力2014[コンセンサス]」他より作成
もう一度見る
電源構成の推移の図
エネルギー資源の主な特徴 出典:電気事業連合会原子力2014[コンセンサス]」他より作成
水力
●再生可能な国産エネルギーでクリーン。
●今後、大規模な開発は困難。
石油
●輸送用燃料、化学製品など発電用以外にも用途が広い。
●埋蔵量が少なく、政情不安定な中東に偏在。価格変動が激しい。
天然ガス
●石油・石炭に比べクリーン。
●燃料の供給は安定しているが、大量に、一定数量をコンスタントに購入する契約が多い。
●価格が石油とほぼ連動している契約が多い。
石炭
●石油に比べ埋蔵量が豊富で、世界に広く分布。価格も比較的安定。
●SOx、NOx、ばいじん対策など環境保全対策が必要。
ウラン(原子力)
●政情の安定した国を中心に広く世界に分布。価格も比較的安定。
●発電時にCO2を出さない。
●原子燃料サイクルの確立によってウラン資源の利用効率が飛躍的に向上。
●厳重な放射線管理や、放射性廃棄物の適切な処理、処分が必要。
ドットの線

電力需要に合わせて最適な電源の組み合わせで電気をお届けしています。

電気の使われ方は、季節や時間帯によって大きく変化します。電気は貯めておくことが難しいため、時々刻々と変化する使用量にあわせて、それぞれの電源の特性を活かした最適な組み合わせで発電していく必要があります。

エネルギー基本計画

2014年4月、国のエネルギー基本計画において、原子力発電は「安全性の確保を大前提にエネルギー需給構造の安定化に寄与する重要なベースロード電源」と位置づけられました。
原子力発電の依存度については、省エネルギー・再生可能エネルギーの導入や火力発電の効率化などにより、可能な限り低減させるとしながら、使用済燃料を再利用する原子燃料サイクルも継続して進めていくこととされました。

電力需要に対応した電源構成 出典:資源エネルギー庁「エネルギー基本計画2014年4月」

■ ピーク電源……………発電コストは高いが電力需要の変動に応じた出力変動が容易な電源

■ ミドル電源……………発電コストがベースロード電源に次いで安く、電力需要の変動に応じた出力変動が可能な電源

■ ベースロード電源……発電コストが低廉で、昼夜を問わず安定的に稼働できる電源

もう一度見る
電力需要に対応した電源構成の図
PDF [648K]