中部電力|原子燃料サイクル - エネルギーと原子力
HOME>エネルギーと原子力>原子燃料サイクル

エネルギーと原子力

原子燃料サイクル

ウラン資源をリサイクルする流れを「原子燃料サイクル」といいます。

「準国産エネルギー資源」として大きな意義があります。

原子力発電所で使い終わった燃料(使用済燃料)には、まだ利用できるウランや新しく生まれたプルトニウムなど、再び燃料として使えるものが約97%も残っています。
これを化学的処理により取り出し(再処理)、再び原子力発電所で使用する計画を進めています。このようにウラン資源をリサイクルする流れを「原子燃料サイクル」と呼びます。
使用済燃料のリサイクルは資源の節約だけでなく「準国産エネルギー資源」となり、エネルギー資源の少ない日本にとって大きな意義があります。

ウラン燃料の組成の変化(例)
もう一度見る
ウラン燃料の組成の変化(例)の図
原子燃料サイクル
もう一度見る
原子燃料サイクルの図

MOX(モックス)燃料…ウランとプルトニウムを酸化物の状態で混ぜてつくった混合酸化物燃料のことで「Mixed Oxide Fuel」を略してMOX燃料と呼んでいます。

PDF [307K]