中部電力|静岡県主催の原子力防災訓練への参加 - 安全性のさらなる追求

HOME>安全性のさらなる追求>安全性を、さらに追求するために 安全に対する不断の努力の継続>静岡県主催の原子力防災訓練への参加

安全性を、さらに追求するため 安全に対する不断の努力の継続

静岡県主催の原子力防災訓練への参加

2013年2月15日、静岡県が主催した原子力防災訓練に参加し、実動訓練をおこないました。

訓練は、南海トラフの巨大地震と津波により、地震発生数十日後に原子力災害へ進展し、浜岡原子力発電所から20km圏内の住民に避難指示が出されたとの想定でおこなわれました。

広域避難訓練では、住民約400名が参加され、当社も避難経路途中に設置されたスクリーニングポイントでスクリーニングを実施しました。

アミューズ豊田(磐田市)でのスクリーニング活動

このページの先頭へ戻る