中部電力|静岡県等主催の原子力防災訓練への参加 - 安全性のさらなる追求

HOME>安全性のさらなる追求>安全性を、さらに追求するために 安全に対する不断の努力の継続>静岡県等主催の原子力防災訓練への参加

安全性を、さらに追求するため 安全に対する不断の努力の継続

静岡県等主催の原子力防災訓練への参加

2014年2月13日、静岡県と浜岡原子力発電所周辺の11市町(注1)が主催する原子力防災訓練がおこなわれ、64機関約620名が参加し、県内各所で避難などに係るさまざまな訓練が実施されました。当社はそのうち、放射線の測定などをおこなうスクリーニング訓練に参加しました。

今回の訓練は、発電所の被災状況に応じて段階的に避難するしくみなどが原子力災害対策指針に反映されたことを受けて初めて実施されたものです。

当日は、南海トラフの巨大地震と津波により浜岡原子力発電所が被災し、発電所から31km圏内(UPZ(注2))には屋内退避指示が、発電所から5km圏内(PAZ(注3))には避難指示が出されたとの想定で、PAZにお住まいの方々約170名がバスで避難する訓練などがおこなわれました。

スクリーニング訓練では、当社社員11名が参加し、避難経路の途中に設置されたスクリーニングポイントで、避難される方々の受付や放射線測定器による汚染の有無を調べる検査、除染所までの案内をおこなう一連の流れを確認し、関係機関との連携の強化を図りました。



(注1)御前崎市・牧之原市・掛川市・菊川市・磐田市・島田市・袋井市・藤枝市・焼津市・森町・吉田町

(注2)UPZ:Urgent Protective Action Planning Zone(緊急時防護措置を準備する区域)
急速に進展する事故を想定し、特定の事故事象が発生したら直ちに避難などを実施する区域。
静岡県の場合は上記11市町のうち発電所から31km圏内の地域が対象(PAZを除く)。

(注3)PAZ:Precautionary Action Zone(予防的防護措置を準備する区域)
事故の不確実性や急速に進展する事故の可能性などを踏まえ、避難や屋内退避などを準備する区域。
静岡県の場合、御前崎市の全域と発電所から5km圏内の牧之原市の一部区域が対象。

静岡市の草薙総合運動場体育館でのスクリーニング訓練の様子

このページの先頭へ戻る