中部電力|静岡県主催の原子力防災訓練への参加(2017年2月) - 安全性のさらなる追求

HOME>安全性のさらなる追求>安全性を、さらに追求するために 安全に対する不断の努力の継続>静岡県主催の原子力防災訓練への参加(2017年2月)

安全性を、さらに追求するため 安全に対する不断の努力の継続

静岡県主催の原子力防災訓練への参加(2017年2月)

2017年2月9日、10日、静岡県主催の原子力防災訓練がおこなわれ、当社からも約80名が参加しました。

この訓練は、静岡県のほか内閣府、原子力規制庁、自衛隊、発電所周辺11市町、病院、原子力事業者である当社などが参加して実施されました。会場となったオフサイトセンター(注)は、2016年7月に御前崎市(発電所から約2km)から牧之原市(発電所から約20km)へ移転され、今回の訓練は移転後初となりました。

訓練では、浜岡原子力発電所4号機で過酷事故が発生し、放射性物質が放出したという想定のもと、オフサイトセンター内で住民への避難指示の手順の確認や、関係11市町の緊急時モニタリング訓練などをおこないました。また、新東名浜松サービエリアと藤枝うぐいすパーキングエリアでの避難退域時検査運営訓練、発電所と静岡県立総合病院での原子力災害医療訓練を実施し、関係機関との連携や実施手順を確認しました。

(注)オフサイトセンター:原子力発電所において緊急事態が発生した場合、現地における対策の拠点となる施設です。国、自治体、原子力事業者が一体となって情報共有や周辺の放射線量測定や評価などをおこないます。

オフサイトセンター運営訓練(合同対策協議会の様子)

オフサイトセンター内事業者ブース

オフサイトセンター内事業者ブースの画像

避難退域時検査運営訓練(新東名浜松サービエリアにおける住民避難時の検査の様子)

避難退域時検査運営訓練(新東名浜松サービエリアにおける車両除染(水洗)の様子)

避難退域時検査運営訓練(新東名浜松サービエリアにおける車両除染後の確認・検査の様子)

原子力災害医療訓練(発電所から御前崎市立御前崎総合病院、静岡県立総合病院へ被ばくのおそれのある患者を搬送する様子)

このページの先頭へ戻る