中部電力|南海トラフ巨大地震に備える - 安全性のさらなる追求

HOME>安全性のさらなる追求>南海トラフ巨大地震に備える

巨大地震に耐える

南海トラフ巨大地震に備える

当社が考慮している地震(地図)3連動地震よりもさらに大きな南海トラフ巨大地震を踏まえ、3号機・4号機について追加対策を実施することで、さらなる耐震性の向上を図っています。(2013年9月公表)。

1. 改造工事用地震動の設定

内閣府の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」が想定した強震断層モデル(以下、内閣府モデル)に基づく地震動(2013年4月公表)を踏まえ、新たに改造工事用の地震動を設定しました。

改造工事用地震動(1,200ガル)

内閣府モデルに基づく地震動(最大1,000ガル程度)を踏まえ、改造工事用地震動(1,200ガル)を設定しました。

改造工事用増幅地震動(2,000ガル)

内閣府モデルに対し駿河湾の地震で5号機にみられた増幅を仮想的に反映した地震動(最大1,900ガル程度)をもとに、 改造工事用増幅地震動(2,000ガル)を設定しました。

「南海トラフの巨大地震モデル 検討会」とは

2011年8月に内閣府に設置。東北地方太平洋沖地震の発生を受け、これまでの科学的知見を幅広く整理・分析し、南海トラフ巨大地震における最大クラスの地震・津波について検討するため、理学・工学などの研究者から構成された検討会。

駿河湾の地震における5号機増幅要因の分析結果説明図

(注)詳しい内容は下記を参照ください。
新しいウィンドウを開きます【プレスリリース】内閣府の公表結果を踏まえた浜岡原子力発電所への地震動の影響評価および地震対策の検討状況(2013年4月26日)

2. 3号機・4号機の地震対策の工事概要

耐震設計上重要な施設などを対象に、敷地内の地震観測結果を踏まえ、顕著な増幅が見られない観測点周辺の施設は1,200ガル、顕著な増幅が見られた観測点周辺の施設は2,000ガルを用いて工事の必要性を検討。その結果を踏まえ、工事を実施しています。

3号機、4号機の地震対策の工事概要(地図)

3号機・4号機配管・電路類サポート改造工事
配管などのサポートを補強または追加します。

3号機、4号機配管・電路類サポート改造工事説明図

敷地内斜面補強工事
高台のガスタービン発電機から原子炉建屋間の電源ルートなどの位置する範囲に斜面補強工事を実施しています。

敷地内斜面補強工事説明図

敷地内斜面頂部切り取り工事
4号機取水槽北側の斜面の高さを低くする工事を実施しています。

敷地内斜面頂部切り取り工事説明図

4号機取水槽地盤改良工事
周囲の地盤を改良しています。

4号機取水槽地盤改良工事説明図

防波壁地盤改良工事
5号機周辺の防波壁について、基礎の周囲の地盤を改良しています。

防波壁地盤改良工事説明図

このページの先頭へ戻る