中部電力|建屋内への浸水を防ぐ - 安全性のさらなる追求

HOME>安全性のさらなる追求>建屋内への浸水を防ぐ

津波を浸入させない

仮に、津波が防波壁を越えた場合でも、
建屋内への浸水を防ぐ

原子炉建屋外壁などの耐圧性・防水性の強化をはじめとする対策を実施しています。

原子炉建屋外壁などの耐圧性・防水性の強化をはじめとする対策の説明図

原子炉建屋外壁などの耐圧性・防水性の強化
防水扉の水密扉への取り替えと、強化扉の新設による二重化などにより、建屋の耐圧・防水構造を強化し、建屋内への浸水を防ぎます。

強化扉と水密扉の写真

原子炉建屋外壁開口部への自動閉止装置の設置(3号機・4号機)
原子炉建屋中間屋上の高さ(海抜20m程度)までの建屋開口部に自動閉止装置を設置しています。

建屋開口部自動閉止装置のイメージ

自動閉止装置の動作イメージ

建屋内で発生する溢水から守るについての説明文

このページの先頭へ戻る