中部電力|ホントに福島第一のような事故は起こらないの? - TOP

HOME>TOP>ホントに福島第一のような事故は起こらないの?

ホントに福島第一のような事故は起こらないの?

安全に絶対はない。その考えのもと、総力を結集して対策に取り組んでいます。

福島第一のような事故を二度と起こさないために、何重にも安全対策を積み重ねています。

浜岡原子力発電所では、従来から常に最新の知見を反映し、安全性向上に努めてきました。東京電力福島第一原子力発電所の事故以降も、津波対策や重大事故対策を自主的に進めるとともに、新規制基準を踏まえた追加対策に取り組むなど、安全対策を積み重ねています。

写真:防波壁・フィルタベント設備・可搬型ポンプ車

設備を強化しても、扱うのは「人」という考えのもと、年600回を超える訓練を行っています。

ソフト面の対策として、実際の事故を想定した全社防災訓練などの総合訓練や、完成した設備を使った個別訓練を継続的に実施しています。さらに、協力会社をはじめ、国や自治体と連携するなど、さまざまなパターンの訓練を実施し、熟練するための機会を少しでも多く積み重ね、災害対応力の向上につなげています。
今後も、「出来ることは全てやりきる」との覚悟で、総力を結集して取り組んでいきます。

写真:全社防災訓練・ベント操作訓練・静岡県主催の総合防災訓練への参加

このページの先頭へ戻る