中部電力|太陽光や風力じゃ、ダメなの? - TOP

HOME>TOP>太陽光や風力じゃ、ダメなの?

太陽光や風力じゃ、ダメなの?

積極的に進めています。ですが、発電の主役にはまだなれないのが現状です。

太陽光や風力は、天気が変わるたびに、発電量が変わってしまいます。

太陽光発電は、夜に発電できないのはもちろん、雲の動きによっても発電量が変化します。風力発電は風まかせになってしまいます。それぞれの発電能力を100とした場合、太陽光はたった12%、風力も20%しか本来の力を発揮できていないのが現状です。これらを大量導入した場合、その変動幅も比例して大きくなるため、火力発電などのバックアップが必要になります。

グラフ:太陽光発電の出力変動例(夏季) グラフ:原子力・太陽光・風力発電を比較した場合

電力を安定してお届けするためには、昼夜を問わず発電し続けられる電源が、必要となります。

安定した電力をお届けするためには、常に変化する使用量と同じ量の電気をつくる必要があります。電気は貯めておくことが難しいため、昼夜を問わず、必要なとき、必要な量を発電できる電源が欠かせません。そのため、太陽光発電や風力発電は、火力発電や原子力発電の替わりを務めるには、まだ難しいのが現状です。

グラフ:電力需要に対応した電源構成

このページの先頭へ戻る