中部電力|使い終わった燃料はリサイクルできるって聞いたけど? - TOP

HOME>TOP>使い終わった燃料はリサイクルできるって聞いたけど?

使い終わった燃料はリサイクルできるって聞いたけど?

使えるものと使えないものに分別し使えるものは再び燃料としてリサイクルできます。

使い終わった燃料は、単なるゴミではなく、97%がリサイクルできます。

「使用済燃料」と言われる原子力発電で使い終わった燃料には、ウランやプルトニウムなど燃料として使えるものが約97%も残っており、リサイクルすることができます。これらを有効利用することは、資源の節約になるだけでなく、準国産エネルギーとなるため、エネルギー自給率が低い日本にとって、有用なエネルギー資源の1つです。

図:発電前と後の燃料の違い

使えるものは、燃料としてリサイクルを、使えないものは、地層処分する計画です。

使用済燃料は、発電所で貯蔵した後、再処理工場(青森県六ケ所村)へ搬出します。ここで、使えるものと使えないものとに分別します。使えるものは、燃料としてリサイクルし、使えないもの(高レベル放射性廃棄物)は、冷却のため30年~50年間、一時貯蔵した後に地層処分する計画です。

図:使用済燃料の処理の流れ

このページの先頭へ戻る