中部電力|お客さまの声 重大事故対策 - 浜岡原子力発電所の今、これから

HOME>お客さまの声>重大事故対策>フィルタベントを設置すれば、放射性物質の放出もなく、避難も必要ないの?

重大事故対策

フィルタベントを設置すれば、放射性物質の放出もなく、避難も必要ないの?

福島第一原子力発電所では、燃料が溶けるという重大事故に至り、その後、大量の放射性物質が放出されたことから、住民の方々の避難が必要となりました。

現在、当社は、浜岡原子力発電所において、福島第一の事故を踏まえ、重大事故の発生を防止するため地震対策や津波対策などを実施するとともに、万が一の重大事故の発生にも備え、放射性物質の放出を抑制するためにフィルタベント設備の設置などの対策を実施しています。

このような対策を実施する一方、福島事故を踏まえると住民避難に対する備えも必要と考えます。

当社は、自治体が住民避難計画の策定のために設置している研究会の一員であり、この場などにおける議論を通じ、事業者として実施すべき具体的内容について検討をおこない、今後、必要な調整・協議を進めてまいります。

このページの先頭へ戻る