中部電力|お客さまの声 津波全般 - 浜岡原子力発電所の今、これから

HOME>お客さまの声>津波全般>防波壁をかさ上げした部分の構造は?

津波全般

防波壁をかさ上げした部分の構造は?

防波壁の頂部は津波波力が相対的に小さいため、波力に対して十分耐えうる強度を確保したうえで、軽量化をはかり、地震時の影響を緩和する構造としました。

また、かさ上げによるたて壁の面積増加に伴って壁面全体が受ける波力も増加するため、たて壁の下部を補強します。

防波壁のかさ上げ部分のイメージ

このページの先頭へ戻る