中部電力|お客さまの声 津波全般 - 浜岡原子力発電所の今、これから

HOME>お客さまの声>津波全般>津波が浸入した場合、引き津波の影響は考えていますか。

津波全般

津波が浸入した場合、引き津波の影響は考えていますか。

最大クラスの巨大津波とされる「内閣府モデルによる津波」に対しても、防波壁の設置などにより、これらを越流して津波を敷地に流入させない対策を実施しており、また、3号機~5号機の取水槽の周囲に「溢水(いっすい)防止壁」を設置することなどにより、取水路などの経路から津波を敷地に流入させない対策を実施します。

さらに、万が一、津波が防波壁を越流する場合であっても、防波壁によって敷地内への浸水量が抑制され、海域からの土砂やがれき類の流入も軽減されるものと考えています。

仮に敷地内に海水が浸入した場合、敷地内の海水は、敷地前面海域の水位が下がるとともに、 取水槽に流入し取水トンネルなどを通じて排水されることになりますが、取水槽には、漂流物流入防止ネットを設置して、取水トンネルとの接続部付近を覆うこととしているため、引き津波時に浮遊するがれき類、作業車が引き込まれることなどによって取水槽に海水を取り込む取水トンネルが閉塞することは考えにくく、また、防波壁によって砂丘堤防からの土砂流入量が抑制されることから、取水槽を埋め尽くして取水トンネルを閉塞させるような大量の土砂が流入することも考えにくいため、原子炉などを冷却するために必要な取水量は確保できるものと考えています。

このページの先頭へ戻る